Blog&column
ブログ・コラム

歩行訓練の目的とは

query_builder 2024/02/01
コラム
55
ケガや病気により、歩行が困難になるかもしれません。
もし歩行が困難になった際でも、スムーズに歩けるための訓練があります。
そこで今回は、歩行訓練の目的について紹介しましょう。

▼歩行訓練の目的
?転倒のリスク管理
筋力アップした足腰による安定した歩行は、転倒防止に役立ちます。
歩行困難な方による転倒事故もあるため、日々のリスク管理ができるのです。
歩行訓練によって安全な動作を習得し、安全に快適な歩行を目指します。

?行動範囲が広がる
歩行が困難な場合は車イスの移動や生活になり、移動できる範囲が制限されてしまいます。
そこで移動手段として歩けるように、歩行訓練を行います。
自分の足で歩けるようになることで、行動範囲が広がるのです。

?生活の自立度が高くなる
歩行が困難なケースでは、トイレに行くにもサポートが必要になります。
しかし手を借りずに歩行できれば、自由にトイレやお風呂に行くことができるでしょう。
歩行訓練によって足腰を鍛えることで、生活の自立度を高められるのです。

?筋力の維持
歩行訓練では、歩行に必要な筋力を回復させることができます。
筋力は動かさなければ、少しずつ衰えてしまい機能が低下してしまうのです。
歩くためには低下した筋力をアップさせて、健康な筋力を維持することが大切ですよ。

▼まとめ
歩行訓練の目的は「転倒のリスク管理」「行動範囲が広がる」「生活の自立度が高くなる」「筋力の維持」を目指しています。
目的を意識しながら、自分のペースで歩行訓練に取り組んでみてくださいね。
在宅生活支援型デイサービス『いちばん番星』では、専門スタッフによる歩行訓練を行っております。
自立した生活を送るためにも、歩行訓練を行ってみませんか。

NEW

  • 1月の傾向

    query_builder 2024/01/28
  • 新年度始動開始

    query_builder 2024/01/25
  • 満員御礼

    query_builder 2023/10/22
  • 運営指導終了

    query_builder 2023/10/22
  • 女性利用者様の活躍

    query_builder 2023/08/07

CATEGORY

ARCHIVE